ベビ待ちサプリ人気ランキング

トップページ > カネカ

カネカ

「化学分野に強いカネカの太陽光発電」

 

 

カネカは、太陽光発電の研究に長きに渡って取り組んでいる企業です。
化学の分野に強いという自社の特性が、太陽光発電の開発にも発揮されています。

 

カネカの太陽光発電の大きな特徴は、コストを抑えつつ、発電効率の高い太陽電池を設置できるところです。
一般的な太陽電池の場合は、シリコンの結晶を素材とした単結晶型や多結晶型が主流ですが、欠点として影になった部分の影響が大きいという課題があります。
カネカが太陽光発電に採用しているのは、薄膜多結晶型と非結晶系のアモルファス型というハイブリッド太陽電池です。

 

非結晶型のシリコン太陽電池を化学反応を生かして誕生させ、天候や太陽の動きにより影ができても、発電効率が低下しにくいモジュールを作り上げたのです。
結晶化するときのシリコンは膜ができますが、これを薄くしたことにより、変換効率を高いまま保つことに成功させ、なおかつ費用を抑えることを可能にしました。

 

カネカの太陽光発電製品は、3タイプ展開されています。
GRANSOLAは、最もメジャーな据え置きタイプです。
SOLTILEXとVISOLAは、屋根瓦一体型となっています。

 

GRANSOLAは、太陽光発電をリフォームや新築に取り付ける場合だけに限定されませんし、どんな形をした屋根にも導入できるというメリットがあります。
SOLTILEXとVISOLAの屋根瓦一体型という特徴は、据え置き型と同じスペースに取り付ける場合と比較し、設置枚数を多くすることが可能です。
その分、高い発電量が期待できるでしょう。